FC2ブログ

同姓婚賛成 ? 反対?


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

LGBTQに寄り添う無料相談webチャット部屋QRコード
QR
相談時間 午後7時~午後9時 事前にメールフォームより予約ください。

② もし相談/カミングアウトをされたら •子どものプライバシーを守ること。

子どもから相談を受けたことを、おとなの判断で、両親や他のだれかに許可なく伝えるのは控えましょう。

多くの場合、LGBTの子どもは家族の中でも孤立していることが少なくありません。
もっとも知られたくないのが家族であることもしばしばあります。
本人の許可を得たうえで、誰に話すのかを一緒に考えましょう。 •
わからないことは本人に聞き、本人と一緒に考えること。
LGBTと言っても、個人の求めていることやニーズや人それぞれ異なることが多くあります。

本を読むなどして正確な知識を得つつも、本人が求めていることを
「どうしたい?」と確認する必要があります。 •本人の望んでいる対応ができない場合には、

どこが落とし所なのかを丁寧に話し合うこと。100%が実現できないからといって何もしないのではなく、
できることが何かをお互い探ってください。 •

資料や外部団体を利用すること。子ども本人がつながることが難しい場合、
相談を受けた周りの人が外部自助グループに相談することや、
代わりに情報を伝えることも可能です。
子ども本人が自分で思考していく上で、資料の紹介や情報提供を行うことも望ましいでしょう

スポンサーサイト



テーマ : 学習 - ジャンル : 学校・教育

tag : LGBT 保護者 子ども 家族 教育関係者 相談 問い合わせ 尾張輝虹会スターレインボー

 | ホーム |