fc2ブログ
つながり

Team szk 12人 募集中

今年2024年 スターレインボーの活動の中心は

鈴鹿市に市民活動支援センターの設立に向けて

準備に入りたいと思い

下記の内容となっています

市民活動支援センターは、地域の市民が

自主的に運営することで、以下のような

メリットがあります:

❤地域のニーズに合わせた活動ができる:

市民活動支援センターは、地域のニーズに

合わせた活動を行うことができます。

市民が自分たちで運営することで、地域の

課題に対してより適切な対策を講じること

ができます。

❤地域の絆を深める:

市民活動支援センターは、地域の人々が集まる

場所としても機能します。市民が自主的に

運営することで、地域の絆を深めることが

できます。

❤市民の自己実現につながる:

市民活動支援センターは、市民が自分たちで

運営することで、自己実現につながる場所

となります。市民が自分たちで活動を

行うことで、自分自身の成長や発展を

促すことができます。

❤市民の参加意識を高める:

市民活動支援センターは、市民が自分たちで

運営することで、市民の参加意識を

高めることができます。市民が自分たちで

活動を行うことで、地域の課題に対して

積極的に取り組むことができます。

市民活動支援センターを行政が運営することには、

以下のようなデメリットが考えられます1。

 ★行政の意向による制約: 行政が運営する場合、

  行政の意向によって、活動内容や方針が

  制約される可能性があります。

 ★市民活動団体の自立性の低下: 行政が運営する場合、

  市民活動団体の自立性が低下する可能性があります。

 ★行政の専門性不足: 行政が運営する場合、市民活動団体

  に必要な専門的な支援が不足する可能性があります。

 ★行政の財政状況による影響: 行政が運営する場合、

  財政状況によっては、予算削減や廃止の可能性が

  あることが考えられます。

 以上のような理由から、市民活動支援センター

 を行政が運営することには、慎重に検討する

 必要があります。

以上のようなメリットがあるため、

市民活動支援センターを市民が運営することは、

地域の発展につながる重要な取り組みです。

鈴鹿市市民活動支援センターを必要とする理由

1 鈴鹿市地域協働課が市民活動支援センターの役割を果たしてないため

2 本来地域協働課は、市民活動支援センターの監督の役割です

3 市民活動支援センターは助成金のアドバイスを活動団体さんにするため
 の役割があり地域協働課はアドバイスをしてくださいません。

4 市民活動支援センターは、活動がしやすくするためアドバイスや場所の提供
 する場所ですがその仕事をしてもらっていません。
 資料を作るためのコピー機や大判印刷機など活動に必用な機材とパソコンの貸し出し
 がありませんし操作のアドバイスなどしてくださいません。

5 市と企業の連携が出来ていないところでも支援センターは行政ができないところ
 で市民に近い立場で関わってもらえるから必要と感じます。

6 市民活動支援センターが存在する他市町で知っている限りでは、団体活動の様子を
 動画撮影してくださったり 紙媒体ての活動の様子の記事やSNSの発信の手助けをしてくださいます

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村

あなたと一緒に鈴鹿市の市民活動を変えていく仲間を募集

おもしろい鈴鹿は、私たちの仲間で作ろう一緒に

スクリーンショット 2023-04-28 122349


近い将来 鈴鹿市にもNPO法人鈴鹿市民活動支援センターを設立を目標に

スターレインボー鈴鹿として 若い世代のスタッフを集めています


20代~50代ぐらいまでの女性を中心としたスタッフです。
もちろん男性もいいですよ。

揃えたいメンバーのスキルは、パソコン操作

(Word・エクセル・パワーポイントの作業の出来る方)
マイクパホーマンスが好きで司会者が出来る方
・会計係が好きな方・来客対応ができて人と接することが好きな方ナドナド

 募集しています。 興味のある方は コメント欄に残してください
フェイスブック
https://www.facebook.com/groups/1077312319453300
ホームページ
https://starsrainbow0126.com/page04.aspx
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック