fc2ブログ
性について

MTFの自慰行為と心情の

MTFでのオナニーでは産まれた性別、つまり男性の生殖器を使ってオナニーをすること
に抵抗を感じることがあるでしょう。
MTFといっても人によってもこの辺りの趣向様々で、その時のシチュエーションなどに
よっても変わってきたりします。
感情によっても左右される女性の心で生きている、もしくは生きてきた人が多いのでこれ
から女性で生きていきたいと思う場合は複雑な問題のひとつです。
この記事では、身体の機能が男性のためにコンプレックスを抱えて性処理をしていつも
虚しさに苛まれてるときのために性別適合手術のことについてメインにまとめていきます。
死ぬほどイヤなら性別適合手術(SRS)の選択もありです。
簡単な問題ではないですが、どうしても身体が男性なことに死んでしまいたいと思うぐらい
嫌悪感を感じている場合に最終的性別適合手術(SRS)も選択肢のひとつとしてあります。
ただ、あなたもご存じのように日本でSRSができる医療機関も限られていたり、保険適用
もなく治療費も高くハードルは高くなります。
そして、SRSをする前にはジェンダークリニックで2名の医師の診察が必要などと、これ
また手術前までに様々ハードルをパスしなければいけません。

でも、男性の身体がイヤでイヤでしょうがないから煩雑な手続き踏み、リスクを背負って
SRSをする訳です。
しかし、
登りたい山を登ってる途中は苦しいことがつきものですが、山の頂上に上ったときには絶景が広がっていますね。
晴れて女性になると、今まで苦しめられたことが報われるという人がMTFでSRSをした
人には多くいます。(もちろん術後のケア等大変なこともあります)
生半可な気持ちではするものではありませんが、最終的にどうしてもSRSまでしたいという場合はすることによって身体が本望の女性に近づくことによって気分的にも健やかに日常を送ることができると思います。

SRSで心理的に苛まれなくなる
人によりますが、睾丸摘出もしない状態で渋々男性のようにオナニーをしていたらSRSを
することで心理的にかなりラクになるはずです。
嫌悪感を感じている竿や玉がなくなることで、女性の身体で弄ることができるからです。
今まで罪悪感、嫌悪感、虚無感などが複雑に頭の中を交錯することによって自分自身を責めてメンタル的にも悪く生活の質を下げていたと思います。
一般のシスジェンダーの人が、仕事や対人関係などでこのような状態が6カ月も続くと
うつ病などで休職したりするのは珍しいことではありません。自己肯定感も下がってきますので、自信が持てないなどということにもつながります。
しかし、自分の求めている状態で生きることでイキイキと自信を持つきっかけにもなります。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する